離れてみる

美容師として多様化を考えているだけでは所詮美容師発想から抜けきれないわけですね。いわゆる目の前の仕事をクリアして報酬を頂くという単発の積み重ね的な発想になる事が多いわけです。

これは店としてではなく僕個人として取り組んでいる事なのですが美容師として承認されかつ方法論が確立された中で何か新しい事を生み出す事は退屈でありげんかいがあるので、全く自分が素人になれる分野の事や、今まで興味のなかった事にあえて取り組んでいく事に楽しさを覚えているわけです。
余談ですが趣味で音楽をやっていて、中学の時に初めてギターを触った時に何も弾けなく下手くそなのだけれど、毎日取り憑かれたように没頭していた時と似た感覚を今感じることができているわけです。

適当に今まで生きてきましたが、この歳になって仕事に対しての楽しさが分かってきたという情けないおはなしです、、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする