それが正解になる

1人で何かを発したとして、その言葉がいわゆる世の中の常識から外れていたとすれば間違いなく「頭のおかしい奴」確定となる。

でも、その「頭のおかしい奴」に同意する分母が増えていきある一定数の理解を得たらそれが「正解」となるのが世の流れですね。

何も気にすることなく、意識することなくやりたい事にフォーカスしておくだけでいいのではないかな。

既存の正解に囚われる事が安心として担保されている訳ですが、ただその安心と担保を得るために自分の人生を流される必要はいよいよなくなってきているように感じます。

どの道、生きる事には終わりが来るのでその時に「自分の人生を生きた」と思える生き方がよいね!