模索すべきは

人との繋がりに強く期待するのが人間なのだと思う。
人との繋がりこそが人間を成長させるのだと思う。

そんな感じで世の中の認識が共通化しているように思う。

でも実は、現代の社会的背景にあるものはその逆であるように思うのです。
なので学校教育で友達をたくさん作れ的な考えや集団に遵守する思考を植え付けていくことは
苦しみを内包した人間を量産していくにすぎないように感じています。

今大切なことは良くも悪くも人に期待せず惑わされず生きていく事が何より
大事なのではないかと思うのです。

誰しもがそうだと思うのですが深層の部分では、人に対し自分のフォーマットに沿って欲しいという
願望があるような気がします。しかし表層の部分では上手く社会性に合わせた最適化をはかり偽りで生きているので
必ず歪みが内在しているように思うのです。

まぁ適当なオチなのですが今日という日を自分のために使えてないなぁと自分に対し戒めています。
自分という存在は世界に一つの個性なので、混ぜ物が多くなって濃度が薄まっていく事って勿体無い話です。
外を模索するのでなく内に対象を向ける方が遥かに世の中の難易度が下がるように感じる日々です。