諸行無常

「今日も1日が始まった」

「明日も頑張ろう」


などど、基本的に同じ時間軸上に人生があり、それが不変に続いていくと思って生きているわけなのですが実は一瞬というものが全てであって次の瞬間にはもう先ほどと同じものは何1つないという事ですね。
変化の速さから可視化できる変化と一見分からないが確実に形を変えていっているわけですね。
そもそも人間自体が人生という砂時計の砂が止まる事なく落ち続けているわけですからやがて大きな変化に直面するわけです。
なので現実の事に執着を持ったとしても維持し続けて行くことの無意味さに気づくわけで、それよりも今この瞬間をいかに楽しく過ごせるかという事に集中した方が確実に良いですね。 過去も未来も全ては今の自分という個人を定義づける為だけのものだから過去に囚われたり不完全な未来に執着せずにいますこの瞬間のみを生きていき積み上げていく事こそ大切だなぁと、ヘロヘロに酔いながら考えていた昨晩でした、、、