ネガティブリスト

ポジティブリストってとにかくやっていいことややるべき事を列挙しその中で鼓動して行く事ですね。 サロンの中でもそのような考えの元やたらとルールが多いところがあるのではないでしょうか?僕自身も以前はかなりポジティブリスト的な考えで運営していたように思います。そのほうがチームとしての統一感と団結力が増す?とでも考えていたと思うのです。たぶん、、、、、、

しかし、時と場合によるとは思うのですが基本的にネガティブリストに基づいた方が多様性が得られ、行動にも自由度が増します。ネガティブリストとは原則的にしてはいけない事のみを列挙しておいてその他は自由にして良い!ざっくりいうとこんな考え方です。近年はこのネガティブリスト的な考えで方針を決めているのでそれぞれの個性が際立っていくのが目に見えてとても有益だと思ってます。

ちょいときな臭い話ですが自衛隊問題に関してなのですが基本ポジティブリストによりがんじがらめの状態なので有事の際、瞬時の判断がポジティブリストに,照らし合わせ判断、、、、、なんてことになる訳でそうしてる間に取り返しのつかないことになりますよ!ってよく言われていますよね。ぜひネガティブリストの導入が望ましいのでは???と個人的には思います(複雑な問題なので一概には言えないのですがあくまでも個人的判断です)

子供達の学校でも校則というものがネガティブリストで構成されているのであれば基本それ以外のことは自由であるべきなのです。逆にポジティブリストで統一するならば細かく明記すべきなのですがこの辺りが曖昧なのが現状ですね。いわゆる常識の範疇!という非常に広いようで狭く、狭いようで広いよくわからない言葉のせいでもあるかもしれません。

話を戻しますが、うちの店では最低限のルールは遵守してもらえれば自由な判断で結果を出していただくようにしています。 その方が絶対良いと確信しています。オーナーのコピー商品を複製する為の店づくりはもう要らないのでは?