子供達を取り巻く大人達

子供は本来、何の混ざりっけもない純粋な存在だと思うのです。しかし、成長とともに変な色がついてしまったり周囲の大人の同調圧力により大人達の主観を押し付けられ、やがて自らの内面から湧き上がってくる感情を表現出来ない子達が非常に多くなっているように思います。

個人的な意見ですが、全てにおいてのリテラシーがかなり低いように思うのです。問題の解答を導き出す訓練が教育として行われているように思えます。大切な事だとは思うのですがもっと大切な事は問題を提起する発想であったり答えを導き出すことだけでなく答えをいかに論理的に構築できるかだと思うので、ただ問題を答えて集計しやすい点数で評価して判断していく内容では一向にリテラシーの向上に繋がらず、社会に放り出された時に「さぁ、今日から自分の頭で考えて歩くんだよ!」なんてことを言っても確実に無理ですよね??  

僕は思うのですが親が子供を全く信用していないのでは?と思うのです。彼等の行動が大人の価値基準でのみ判断され指導されている事が非常にまずいのではないかと思います。もちろん社会規範をしっかりと教えていく必要はあると思うのですが、自分の管理しやすい子供を育てる事を子育てだと思っているのなら大きな間違いであると思います。もっとひどくなると自分のステイタスとプライドのために教育という名の下、子供と接するなんて本当にナンセンスな事であると思います。子供達は大人が思っている以上に学校という社会生活の中で対人関係やルールを認識しその中で自由奔放に生きているわけなので、ある程度の問題は子供達の中で解決できるはずなのですが、いつしか親が介入する事が当たり前になってくるとその図式が必ずしもそうとはいえず本来単純な問題だったはずの事がすごく大きな問題に発展してしまうという構図になってしまうわけですね。  いつしか子供達の中で最後の処理は親がするもの!という変な認識が定着してしまっているので何かの問題に対して自分たちで解決しようという考えが出る筈もなく、対人関係やものに対しての加減を計り知る経験を知る機会を奪われてしまっているので痛ましい事件、事故に発展するケースの要因の一つとして親側の問題も多大にあると思います。

大人の汚れた目で子供を見て判断してはいけないと痛切に思うわけです。 本当に、親を中心に子供との接し方を変えていかないと、今後少子化が進む日本から明るい未来が消えるのは明白ではないでしょうか? 子供を信じ1人の人格として尊重し、自ら考えさせ時には迷い悩ませれば良いのでは?大人はそれを事前に止める事が仕事ではないと思います。もっと大人の役割があるのではないだろうか、という事を最近切に思うようになってきた。子供の問題を大人の問題に昇華させて大人同士が争っている姿を見る子供達の目には何が映っているのだろうか、、、