もっと柔軟に

未分類

昨日お伺いしたお客様のオーダーは「市販の毛染め薬を複数買ってしまっているのでそれを消費したいので、その薬を使って染めてほしい」との事。

僕個人的な見解としては市販薬剤の成分に問題を感じている事と、正直日々使用していないのでリスクヘッジし難いことが一番の要因でしかも何かの要因で発生したトラブルに対し適切な対処が難しいと判断し原則として薬剤の持ち込みはお断りしていたのです。 ですがよくよくじっくり考えてみるとそれはただ単に自分のエゴと決めつけからくるもので「我々がチョイスした薬剤の方が良い」という事からきてるのではないかと考えを改めてみた。  どんな物でも決めつけた考え方だと答えはほぼ決まっている訳だけれど逆に顧客のニーズを満たすために最小限のリスクに抑える、または回避する方法を模索し提供する方法を考える事にウエイトを置き進めていけば、「そんなのダメじゃん」と決めつけていた事がほぼほぼなくなる訳です。おまけに決めつけのタガがまたひとつ外れていくのでとても大切なことではないかと思います。仮にリスクが発生した場合も想定し対処法も用意しておかないといけないです。

僕たち美容師が快適であってはならないと思います。あくまでお客様が快適であるように、そして満足するように我々は自らを最適化していかないといけないのだとまたまた思いました。

顧客本位を大前提に物事考えれば、今取り掛かっている工程が無駄なのかそうでないのかが分かりやすくなります。完全な客観と俯瞰を以ってして望むので平等化にも繋がる訳です。一方、体制に対し無駄や疑問を感じる事も増大していきますが、、、、

常々の話になるのですが、高齢化社会問題のみならず社会の中には様々な問題があるわけで、問題の根源って基本主観による決めつけから派生している事が大半なんじゃないでしょうか?と思います。世界は平和になるのでしょうかねぇ〜。皆が自分という個を手放さない限りそれは無理な話ではないでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

line@ お友達申請お願いします。

i.hairのlineです。お友達登録お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

i.hairのサービスをご希望の方へ

出張、訪問での美容をご希望の個人または施設の方、ご相談の上ご希望にお答えいたしますのでまずはお問い合わせくださいませ。

未分類
スポンサーリンク
i.hair Kobeをフォローする
i.hair blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました