どうしてだろう

大阪万博決まりましたね。個人的には反対ですね。

どうしてオリンピックや万博をしたがるのだろう???? GDPも実質横ばいのこの国でそんな事をやっている場合ではないのではないかと思うのです。確かにインフラを整備するために莫大な内需が増えるし、1970年の大阪万博(動員6、000万人ほど)ほどの動員は到底無理だと思いますがそれなりの経済効果は見られることも明らかなのですが、問題なのがその後ですよね!2020年東京五輪そして2025年大阪万博で乱開発されたインフラが負債に変わっていく事、そしてその負債を誰が背負うのかという事なのです。 所詮人の金(国民の税金)なので仕掛ける側はイベントを成功させる事がゴールであり、その後の社会がどうなろうと知ったこっちゃないのです。

全く規模は違うのですが商売をしている人間に置き換えると、何かPRするイベントを打つために大々的に予算をつぎ込み人を呼び込んだとします。そしてそれが仮にそこそこ成功したとします。でもその後平常運転に戻った時にPRのために使ったシステムの維持または、コスト(金的コストのみでなくあらゆるコスト)を回収するために、「値上げをすればいいじゃん」「ほっとけばそのうちうやむやになるじゃん」的な発想を持つ事はまずないですよね?

このようなイベント事を遂行したい人たちは間違いなく自己に利益がある人がほとんどですね。くだらない事だと思えてなりません。それに選手や技術開発を真摯に取り組んでいる人たちをただのコマ扱いしているようにも思えてなりません。 

本当に国や自治体をあげてイベントを盛り上げるならせめて国民や市民に問い、議論し明確なのちのプランまでも含めたプレゼンをしてから名乗りを上げるべきでありそうしないと盛り上がる一部の人には楽しいものかもしれないが、そうでない人にとってはただのウザいイベントでしかないですね。

僕の住んでいる町にはルミナリエというイベントが毎冬ありますが近隣の店舗の方々の声の多数は「早くやめてほしい」なのです。 実質被害を受けている人間というのはマイノリティであればあるほど民意ではないのが日本の国の在り方なので、それよりも利益を得ている一部の人間の影響力のせいで事は進んでいくのです。

余談ですが2025年は団塊世代が超高齢者となり超高齢化社会が今よりもかなりのスピードで加速していきます。外面の為、目先の利益の為に動いている場合ではないのです。 魅力のない日本に成り下がりきる前に気付くべきですね。