幸福度

未分類

世界幸福度ランキングなるものがありますね。

Wikipediaより引用
世界幸福度報告(英語: World Happiness Report)とは、国際連合の持続可能開発ソリューションネットワークが発行する、幸福度調査のレポートである。この調査における幸福度とは、自分の幸福度が0から10のどの段階にあるかを答える世論調査によって得られた数値の平均値であり、主観的な値である(データはギャラップ社によるもの)。報告においては、この幸福度を、GDPや健康寿命を含む6つの説明変数を用いて回帰分析し、各説明変数の寄与を求めて分析している。

初回の報告書は、2012年4月に出版された[1]。第2回報告は2013年になされ[2]、以降は毎年発行されるようになった。

そしてランキングの算出基準として
データでは150以上の国や地域を対象としている。それぞれの国の幸福度は0~10の値からなる各個人の回答の数値の平均値である。

説明変数、は(1)人口あたりGDP(対数)、(2)社会的支援(困ったときに頼ることができる親戚や友人がいるか)、(3)健康寿命、(4)人生の選択の自由度(人生で何をするかの選択の自由に満足しているか)、(5)寛容さ(過去1か月の間にチャリティ等に寄付をしたことがあるか)、(6)腐敗の認識(不満・悲しみ・怒りの少なさ、社会・政府に腐敗が蔓延していないか)の6つであり、回帰分析で得られるこれらの説明変数の幸福度に対する寄与が与えられている。なお下表におけるグラフは寄与の値そのものではなく、各項目ごとに最低の国(ディストピアと呼ぶ)よりどれだけ良いかを示したものであり、したがって最低値は0となっている。

ちなみに2018年はフィンランドが1位でした。そして日本はランクを落とし54位となっています。

だからと言って日本人は皆不幸なのだ、とは思わないわけですが、、、

なんとなく思うのは国内の不平等さが大きな国ほどランキングが低いのではないかと思います。そして個人個人のストレスが少なく快適な環境下で生活できている国であればあるほどランキングが高いようです。 

僕個人的な考えとしては、そもそも幸せというもの自体が所詮自己満足でしかないと思っているので幸せである事においてさほど重要視していないです。  幸せだと思える状態の時が仮にあったとしても、それは今目に映るものの中に問題がなく、自分に関わる人が(一見)ニコニコしている状態である状態で、物欲などの欲求もそこそこ満たされている時に感じ、瞬間的に快適な状態になっているという現象に過ぎないわけで次の瞬間にはその砂の城はいともたやすく崩れてしまうのだと思っています。 それに幸せを語るということは不幸という概念を肯定していることにもなるので個人的には幸せも不幸もあまり興味がないのです。    現実に、一見幸せそうな人が実は不幸だと影で嘆いていたり逆も然りな事ってよく耳にしますよね。

どうでも良い事なのではないのかなぁと思うのです。何を考えても人間が直接コントロールできるのはこの瞬間でしかないので、過去を嘆いたり過去の栄光にいつまでも酔いしれたり、どうすることもできない未来に不安を抱いたりする事から解放されるべきだと思います。そういう意味では解放されることが本質的な幸せ?という概念に近いのかもしれませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

line@ お友達申請お願いします。

i.hairのlineです。お友達登録お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

i.hairのサービスをご希望の方へ

出張、訪問での美容をご希望の個人または施設の方、ご相談の上ご希望にお答えいたしますのでまずはお問い合わせくださいませ。

未分類
スポンサーリンク
i.hair Kobeをフォローする
i.hair blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました