とにかく声がデカイ

未分類

今週の大阪遠征が月火曜日とありましたが、気付けば20年ほど神戸暮らしに慣れてしまったせいか、大阪(今回は生野界隈を指す)は相対的に「音がデカイ」という感想が拭えない。 いかに至近距離であろうがとにかく「声が大きいのは正義」な如く、気のせいではなく高確率でそうである事がおおいですね。 

観察していて面白いのが自転車に乗りながらイヤホンをしての通話(本当はダメですよ)の時の会話がとにかく「声デカイ」そして「周り見てない」と全く何の配慮もなく、道の真ん中をデカイ声で話しながら自由に走り回ってる姿が数秒に一度は目撃された。

素朴な疑問として、自分の話が他人さんにダダ漏れで恥ずかしくないのだろうか?交通ルールを守る気あるのだろうか? そしてぶつかりそうになると「どこ見て歩いとるねん!!!!」的な罵声をいただくわけなのです。

主観をどこに置くかによって、正解が全く別のものになるのですがあくまで自分本位で考えると、自転車側からするといきなり飛び出す歩行者が悪で、歩行者側からすると全く確認せずにルール無視して走っている自転車が悪になるわけですね。 あくまで自己責任で全て解決するのならなんら問題にもならないと思うのですが、タチの悪いことに基本「相手が悪い」説が王道を極めているのでどうにもこうにもですね。

僕は昨日信号待ちをしていたのですが案の定「何ぼけっと突っ立っとるんじゃ!ボケっ!」と労いの言葉を頂いた始末でして、本当に大阪という街は面白い街であるという事を再認識ですね。

だから、行動の基準が善悪というよりも自分の感情を優先する土地柄のように思えます。なのである意味行動に嘘がないのでしょうねと言えるのではないのでしょうか。それを好意的に希釈すると面倒見の良い人的ないい人論になるのですね。

まぁ楽しいからいいか!と人を観察が趣味の僕は、そう思い帰ってきたのでありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

line@ お友達申請お願いします。

i.hairのlineです。お友達登録お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

i.hairのサービスをご希望の方へ

出張、訪問での美容をご希望の個人または施設の方、ご相談の上ご希望にお答えいたしますのでまずはお問い合わせくださいませ。

未分類
スポンサーリンク
i.hair Kobeをフォローする
i.hair blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました