やはり資本経済がネック

未分類

物流の世界に於いてAmazonなどが世の中に普及する事で中間に噛む業者が減り、消費者と提供者の距離が縮まってきました。それによりいらないコストが抑えられ無駄がなくなってきましたよね。まぁ、同時に資本の分散がなくなりますます格差が広がっているのも現実ですが、、、、

美容業界においても多分に漏れません。お客様と美容師の間には原則的には誰も介在しないので直接的なやり取りとなるのでさほど問題はありません(出張美容で施設訪問をさせていただいている場合には多少の問題があるのですが今日は触れません)

僕が問題視しているのは美容師さんたちが使う商材についてなのです。基本的に商材は美容室で薬剤や備品の発注をする場合ディーラー(卸会社)に注文するわけです。そのディーラーが各メーカーから取り寄せ我々の元へ運んでくるわけなのですね。どの業種でも同じだと思うのですがメーカーが直接販売することはまず無く必ず中間業者が介在するわけです。 本来お客様に提供できる価格に余計な利益が乗っかってしまっていて結局損をするのは消費者の方々でしかないのが現状だと思います。

今の時代ネットで商材を仕入れる美容師さんも多いわけです。安くて早く手に入れる事が出来るからですね。

デーラーの方々が介在することによって恩恵を受ける美容室は今の時代100%無いと言っても過言では無く、彼らに「美容室に商品を届けるだけなら運送会社で良いのでは?」とか「美容室に商品を卸すことで利益を得ているのだから配送以外に我々に何かメリットある?」と少し意地悪な質問をしてみるのですが多数の営業の方に聞いてみるもあまり歯切れの良い答えが返ってこないのです。ただなんと無く、配送任務で利益をあげているのだから美容師からすれば、その中間搾取がなければ良いのでは?すなわちディーラーいらなくね?となるのです。

資本経済というのはどんな細かな隙間にも入り込んでいて少しでも誰かが貨幣での利益を得るように成り立ってきています。この利益を生み出すための仕組みというものに限界値が来ているという現実(GDPの伸び率が低くなっている)があるにも関わらず、人は資本経済を重んじてしまううちにただの紙切れだった貨幣に紙切れ以上の価値があると信じるようになってしまっていますね。

そうやって本当の価値がわからなくなり貨幣価値の高いものが良いとされているので貨幣を求めるしかなくなり、自由になるための貨幣が自由を拘束する為の貨幣になっていることに気づく事が大事なことではないかと思うのです。 現実はまだ、資本の多くを保有している組織が正義なので真の価値を見出し正しいと、それぞれの人が判断するのは難しいと思うのですが、今の時代において色々な流れの矛盾に目を向け、貨幣価値の高いものを良いとするのでは無く、個人がフィルター無しで良いと判断できるような世の中になれば快適な社会になると思えてなりません。

近代と現代の間で価値観や基準が少しづつでは無く大きく変換しようとしているのでかなりの強引な事が起きる可能性も多分にあるし、そうでないと新しい時代の新機軸が生まれないと思うので、今必要なのは今に合わせて順応していくセンスなのでは無いでしょうか? 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

line@ お友達申請お願いします。

i.hairのlineです。お友達登録お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

i.hairのサービスをご希望の方へ

出張、訪問での美容をご希望の個人または施設の方、ご相談の上ご希望にお答えいたしますのでまずはお問い合わせくださいませ。

未分類
スポンサーリンク
i.hair Kobeをフォローする
i.hair blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました