正直者が損をする

未分類

正直者が損をするという言葉がありますよね。でも世の中の道徳としては「正直であれ」「正直に生きなさい」などと正直を推奨するわけですがどうやら古からの諺では良くなさげではないですか!!

現代ですが、もう少し抽象的意味合いが大きくなるのかもしれませんが「いい人」というキーワードの人が好まれる傾向にあるように思います。

ここで勝手に僕なりの考えですけれど、正直者といい人について考えてみたのです。 正直者というのは文字通りで嘘をつかない人の事だと考えています。嘘をつかない人というのは、嫌なものは嫌と言うわけです。似合わないものは似合わないと言うわけですので、生きている中で損をする局面が度々出てきて然りなのだろうなぁと思います。でも、嘘はつかないのです。

一方、いい人というのは定義が難しいのですが、少なくとも正直者では無いように思っています。いい人というのはきっと、相手を傷つけないように言葉を選び時には自分の意に反する言葉であっても、相手の為に仕方ない!という自己肯定感から多少の嘘(悪質、良質問わず)が混じる発言が出ると思うのです。

となると、嘘をつかない人の事を正直者と呼び、相手に合わせて順応してたり喜ばす目的であったとしても嘘が混じる人をいい人と呼んでいるのが現実のように思います。

現代では正直者=いい人になっていると思うのですけれど細かくみていくと性質が少し違うと思いませんか? (どうでもいい話ですが)

色々な言葉や概念というものは変に例外ができたり人によって解釈が変わったりするわけですので共通認識というものは絶対的なものでなくあくまで相対的であるしそれぞれの感情が乗っかり判断されているものなので必ずしも正解として決めつけてはいけないと思うし、どんな事柄でも大概の場合問題に対し複合的な事が多いように感じます。それを一つの価値観のみで解決したり決定するのはとても危険だと思うわけです。論理の部分と感情の部分などのパーツに分けて考えて対応するのが良いですね。

結論として今の時代、

正直に生きると、人との軋轢を生みやすくなるので覚悟して生きる事!嘘は絶対につかないので行動に矛盾があってはいけない!結果として正直者としての評価が得られる。

いい人になるには正直であってはいけない。相手の為に時には自分の信念であっても曲げて嘘も織り交ぜて対応していけば評価は得られる。

て、アホな事を考えてみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

line@ お友達申請お願いします。

i.hairのlineです。お友達登録お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

i.hairのサービスをご希望の方へ

出張、訪問での美容をご希望の個人または施設の方、ご相談の上ご希望にお答えいたしますのでまずはお問い合わせくださいませ。

未分類
スポンサーリンク
i.hair Kobeをフォローする
i.hair blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました