意外と深刻なのかも

街中で高齢者が大きな声をあげて店員さんや道ゆく人に怒鳴っている姿が最近すごく目立つように思うのです。どうして怒鳴っているのかの経緯は分からないけれど、少し度が過ぎているように思うのです。

出張させていただきだしてから高齢の方と接する機会がかなり増えて、多くの方々から色々と学ばせてもらった経験からですが、怒りっぽくなる傾向になる原因を自分なりに考えてみたのです。

まず、怒りやすい傾向の人の多くに感じるのは、本人の絶対的な思い込みと決めつけ!が強く、事実であることよりも自分の感情を絶対的に信じ、相対的に聞く耳を持たなくなるように思うので、自分の地雷に何かが引っかかった時点で怒りが爆発しているのではないかと思うのです。だからその時に正論で収めようと接しても100%無理なわけです。

あくまでも僕自身の経験からの分析で、しかも自分に最適化するように考えていることなので正解だとは思ってないのですが、、、、、

話は戻りますが、いわゆる「頑固」になるのです。 頑固になると、どんどん人は離れていきます。人が離れていくと、ますます頑固になります。

頑固になる原因はやはり、「寂しい」からなのではないのかなぁと思うのです。人間の本質には「誰かの役に立ちたい」「頼られたい」的な精神も必ず持っていると僕は信じていて、自分の願望を満たす欲と同時に、人を満たしてあげたい欲というものもあるように思います。承認欲求とも言えるかもしれません。

自分の父を見ていて特に思うのですが、本人の現役時代のピーク時を常に理想として抱いているようで、その頃の自分を誇示したいのだが上手くできないことが積み重なりやがて、自分自身にイライラし始め、やがて周りに当たり散らす事になっているのです。 絶対的な力を見せつけたいのだけどそれも出来ず、プライドが邪魔をしているので時代に順応して自らを最適化することも難しい状況を作っているのだなぁと感じてしまいます。

寂しさを消すこと、社会の役に立つこと、いつまでも強い自分でいる事。

改善するのは簡単な事のように思うし、そうなるのは仕方のない事だと思えるのだけれど、きっと策を講じて解決できたり接し方でどうにかなる程度の表層の問題ではないのだと思うのです。

これからますます、孤独を生み出し続けていくと思います。 綺麗事でなく正面から取り組んで行かねば今現在想像できない大きな社会問題になるような気がしてならないのです。

自分の身の回りの楽しい人と環境に身を置いていると何のことか分からないと思うけれど、確実に想像以上に過酷な現実があり、ほっとけばどうにかなる問題ではないですね。  

line@ お友達申請お願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
i.hairのlineです。お友達登録お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スタッフ募集

i.hairでは随時スタッフを募集しております。
詳しくは
電話 078-341-7137
mail kobe@ihair-net.com
facebook page i.hair page
twitter i.hair-twitter

美容師の働き方を多様化していきたいと考えています。興味のある方は一度ご連絡くださいませ。

 

i.hairのサービスをご希望の方へ

出張、訪問での美容をご希望の個人または施設の方、ご相談の上ご希望にお答えいたしますのでまずはお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする