地方で生きること

地方で生きていく事がいろんな意味で難しくなると思うのです。まず高齢になり生活エリアが狭くなってきた時に、生活必需品を揃えるために車で30分かけて移動する事が負担になってくるだろうし、何よりインフラの整備がかなり後回しにされる事によって実質色々な事のハードルが上がるのではないかと思います。

明らかに都市に人、と物と、利益が集まる仕組みが今以上に加速していくのではないかと、、、、 ネットで何でも買えるから問題ない!と思うかもしれませんが輸送費などのコストが高くなるのと、配送が今みたいに迅速ではなくてかなり時間がかかるものとなると考えられるので、田舎に暮らすメリットが見出しにくくなっていくのがこれからの社会ではないかと思っています。

地方創生、という言葉は耳障りもよく、ふるさと納税などでの増収や、起業する場として地方を選び、地方に税収をもたらす事によって一見、どこの街でも生活しやすそうに見えるのですが、やはりトータルコストで考えると都会に住む方が無駄が少なく快適である事が明らかに想像できるわけです。

今の社会背景をベースに考えると、大げさに感じるかもしれませんがオリンピック、大阪万博後に考えられる景気の落ち込みと、さらに加速する超高齢化問題を想像すると、僕の考えとしては、分散ではなく集中傾向になるのではないかと考えています。

そうなった時に、過疎になった村などを既存の町の形態ではなく全く別の形で再構築していく事が必要であり、次の面白い事なのではないかと思っています。これまでの日本中の町は都会の縮小版として作られてきています。 地域の特色を出した名産物や観光でうまくいける町は、ある意味個性を持っているのでいいのですが、縮小版のみで維持していくためには税収を増やさないと無理ですよね?だからこそ、町という概念自体を違うものに変えていくことが大事なのではないかと考えています。既存の、成功事例に合わせて事を起こすと間違いなくコケると思っています。

面白い、世の中にしていきたいですね。僕は地方で生き続けたいと思っているので、ジリ貧な現状を打破したいと考えています。

line@ お友達申請お願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
i.hairのlineです。お友達登録お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スタッフ募集

i.hairでは随時スタッフを募集しております。
詳しくは
電話 078-341-7137
mail kobe@ihair-net.com
facebook page i.hair page
twitter i.hair-twitter

美容師の働き方を多様化していきたいと考えています。興味のある方は一度ご連絡くださいませ。

 

i.hairのサービスをご希望の方へ

出張、訪問での美容をご希望の個人または施設の方、ご相談の上ご希望にお答えいたしますのでまずはお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする