大晦日

皆さま今年も一年お疲れ様でした。i.hairは本日のサロン営業を残すのみとなりました。関わりくださった全ての方々にお礼を申し上げます。

さて、大晦日なので今年一年を総括的に振り返りつつ思う事を書こうと思います。

今年大きく変わったと感じる所は、働く意味と目的が変わった事ではないでしょうか。

仕事とは、少なからずとも稼ぐ事が優先順位の上の方に位置しますよね! そしてやりがいがある事も大切ですよね! 僕自身かなりの飽き性なのですね。その性格上今までの働き方の延長線上に刺激を求めたり発展させて行ったりするビジョンが持ちにくいと数年前からうっすらと思っていたわけです。分かりやすく言うと「美容師として美容室で働いてお客様と関わり対価をいただく」という枠に限界を感じていたわけです。支店を増やす、従業員をふやす、顧客を増やす!事が本当に自分自身にとって必要なのかと考えた訳ですがその時に明確に浮かび上がってきたのは「美容師」という枠に自らを押し込んでその中でしか発展を模索していなかった事です。 そこで考え方を一新することとなったわけですが、その中で最初に取り組んだことは「技術は自分が人と関わるための一つのツールでしかない事」と考えたわけです。もっというと美容師という肩書き自体もそうなのかもしれません。肩書きの下に名前がくる人物よりも、人物の説明言語として複数の肩書きがある方が良いと考えています。 美容師という固定概念に縛られると上手くなければならい、と常に向上する事を前提とし、問題が生じた時にも技術的(接客スキルも含む)な所だけに問題を見出そうとするし、技術的な問題で解決できると思ってしまう事が多いように思います。 技術に依存!というと大げさかもしれませんが実は技術なんて大したことは無いと思う訳です。満足していただける事をする為にツールとして使う訳なので、技術以外のツールも沢山必要であるので、僕にとってのいい仕事とは「ツールを適材適所で使いこなす判断力がある事」だと考えています。

考え方を変えていく事で、意識の中に確実に自由度が高まり今までに感じていた焦燥感やジリ貧な感覚が無くなったことに気づきました。

そして今年一年は、自分が楽しいと思う働き方をし、楽しいと思う環境を作り上げる為に動けた年では無いかと思います。具体的には、美容師としての境界線に全くこだわらなくなりましたね。僕がやりたい事を楽しんでやればそれが時には美容に繋がるだけなので、美容師とはこうあるべき!な感じは一切なくなりました。むしろ、多様化していく事で、相対的なスキルが上がったように感じています。

それとこれもハッキリしたのですが、僕は努力が嫌いだという事に確信を持てたと同時に努力をする必要はないのだと改めて思いました。努力している状態というものから生み出されるもののポテンシャルは、楽しんでやって生み出されるもののポテンシャルに絶対叶わないと思うのです。分かりやすいのが、子供が何時間でもゲームやスマホに興じる事が出来るのを彼らは「努力してる」とは言わないですよね!しかもめちゃくちゃ上手くなるのが早いですよね!まさしく楽しんでいるからですよね! だから死ぬ気で努力すればなんでも出来る!というのは、今の時代では間違っている価値観なのかもしれませんね。

そんなわけで、この先も自由に多様化していければいいなと、そしてその先にどこに辿り着いているのか、自分の白紙のキャンパスにどんな絵が描かれているのかが自分にも分からないので楽しみですね。

「昨日の自分を裏切り続けながら、明日の自分に期待せずに刹那を楽しむ」事に気づけたのが今年最大の発見かもしれませんね。

皆さんはどんな年だったでしょうか。

みなさまお世話になりました。どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

line@ お友達申請お願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
i.hairのlineです。お友達登録お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スタッフ募集

i.hairでは随時スタッフを募集しております。
詳しくは
電話 078-341-7137
mail kobe@ihair-net.com
facebook page i.hair page
twitter i.hair-twitter

美容師の働き方を多様化していきたいと考えています。興味のある方は一度ご連絡くださいませ。

 

i.hairのサービスをご希望の方へ

出張、訪問での美容をご希望の個人、または施設の方もご相談の上ご希望にお答えいたしますのでまずはお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする