まぁまぁ

未分類

大概の事は些細なことで取るに足らない問題なのだけど、人というのはどうにもこうにも物事を過大に捉える傾向があるように思います。 やはりその要因としては子供の頃からの教育からの横並びの中で画一化されたルールを遵守する事を要求される中で「普通は」というある種の同調圧力が生まれ、そこからはみ出たものは少なからずとも劣等感に苛まれる事から、大人になっても「何か自分がおかしいのかもしれない」とか、やたら周りと比較して自分の正否を決める癖がついているように思うのです。

そんな中で「個性を出せ」とか「自分らしく生きろ」とか言われても周りと比較しその中でしか自分を映し出すことができない生活を何十年も続けてきているので、とても難題に感じるわけですよね。

世の中のことは、「出来るか」「出来ないか」ではなくて「やる」か「やらない」だと思うのです。どうもやらない理由にばかり気を取られて挙句周囲の目を意識して行動するので、本来シンプルであるはずの事を自ら複雑化してるように思います。

環境や他人を理由に行動しないのは、多分そこまで行動したいという思いが強くないからだと思うのです。自分の人生は他人が作るものではなく自分で作るものなので無駄な時間は過ごしたくないですね。 実はどうでもいい事で悩みたくないですよね。

自分の人生の中で「やる」か「やらない」のシンプルな判断で今を楽しく生きたいものです。


コメント