仕事って

仕事の定義が大きく近代化とともに変わってきましたね。これまでは生活に必要な事や、生活が便利に効率化される事に関連する事が職種が、経済成長を支える大きな柱となっていましたね。車産業や、白物家電などが特にそうですね。もちろん今でもその産業に需要はあるしこれからも続くと思うのですが、それ以上に今の世の中で経済成長を成し遂げている分野は実は無くなっても生活にあまり影響を与えない分野が目立つように思います。 SNSやソシャゲーなどのジャンルなんかはまさしくそれで、世界市場の中ではかなり業績を伸ばしていて今後も伸び続けていくと考えられます。 

生活必需品と呼ばれていたり生きていくために必要なサービスは、無くなることはないと思うのですが逆に爆発的に伸びることもないように思います。

そこで我々美容師の仕事について考えてみるのですが、まず髪を切る行為は誰しもが必ず体験する行為である意味生活に必要な行為であると考えられます。なので、今の時代に発展性のある業種かといえば先ほども書きましたが、無くなりはしないが爆発的に成長しない業種だと思います。実際業界の市場規模は横ばいから減少傾向に向かっているのが現実です。 そこで、我々美容業界の今の時代に順応するための最適解を求めていかないといけないと考えています。生活必需で消耗していく行為に対しては極力無駄な支出をしたくないというのが今の現実社会の実情だと思うので、これまでの「人は必ず利用するサービス」であるという発想をいつまでも根底に持ち続けていてはいけないと思います。 そのような考えが「黙っていても人は来る」とか「いい技術をしていれば人は来る」的なある種的外れな経営戦略ともいえないお粗末な発想しか生み出せないのではないかと懸念しています。 いかに無駄な部分に価値を見出してもらうかが必要だと思います。

端的にいうと技術に対価を払っていただいているという発想だけではこれからは間違いなく淘汰されていくと思います。それ以外の部分での価値を提供し楽しんでもらう必要があるように思います。 まだまだ美容業界は考え方が保守的で時代にまるで順応していないように思います。

「お客様に喜んで頂くため」という大義のもと、実はサロンの中でサークル活動のように内輪満足になっていてはいけないのではないでしょうか、、、、

line@ お友達申請お願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
i.hairのlineです。お友達登録お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

スタッフ募集

i.hairでは随時スタッフを募集しております。
詳しくは
電話 078-341-7137
mail kobe@ihair-net.com
facebook page i.hair page
twitter i.hair-twitter

美容師の働き方を多様化していきたいと考えています。興味のある方は一度ご連絡くださいませ。

 

i.hairのサービスをご希望の方へ

出張、訪問での美容をご希望の個人または施設の方、ご相談の上ご希望にお答えいたしますのでまずはお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする