少子高齢化問題

未分類

何度も書いているテーマだけれど少子高齢化問題の何が問題なのかを考えてみると、まず、子供が減る事が直接的な原因かといえばそうではなく、逆に高齢者が増える事が問題なのかといえばそれら自体が問題ではないのですね。高齢者と呼ばれる人達には、人生経験があり多くの知恵があるのでむしろ素晴らしい事だと思うし子供たちが減少しても社会的に直接害を与えるものではないですね。

やはり一番危惧されていることとして今の社会制度では、高齢者が増大することによって社会保障費が膨大に膨れ上がることであり、その膨れ上がったコストを減少していく働き世代が担うことで高負荷を強いられる事が一番の問題だと思います。

 石油などの資源がわんさか湧いてくる中東のような国であればこのような問題にはなりにくいですよね。日本は国民の負担を軽減できるだけの資源がある国ではないので中東のような訳にはいかないですね。 なので、現実的な問題としてもっと日本に金持ちを多く作り、その金持ちが莫大な納税をしていく事が資本主義バリバリのこの国での少子高齢化問題に対しての取り組みとして有効なのではないのかと極端な例として考えています。

 もちろん、現実は2極化していく社会で富を持つもののみが優遇される世の中になりつつあります。 一般の働き世代からの搾取では到底背負えない社会保障費問題には、やはり強引でも金持ちを量産して日本企業にお金を落としたくさん納税する!このシステムが手っ取り早いように思うのです。 そのために若者たちに対しての社畜養成教育を排除し、利益を生む生産者側として行動できる思考を育む教育にシフトすれば良いのにと思います。

 与えられたものの中でやりくりして生きていく発想だと、今後さらに搾取されても「仕方ないか」となり、またその中でやりくりを考える負の連鎖しか生まないですね。 やりたい事、やるべき事、を軸に考えていく中でいかにリソースを高めていくかを考えていける社会になれば少しは未来に希望が見えるかもです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

line@ お友達申請お願いします。

i.hairのlineです。お友達登録お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

i.hairのサービスをご希望の方へ

出張、訪問での美容をご希望の個人または施設の方、ご相談の上ご希望にお答えいたしますのでまずはお問い合わせくださいませ。

未分類
スポンサーリンク
i.hair Kobeをフォローする
i.hair blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました