移民問題

未分類

 個人的に移民問題は反対です。僕が直接関わっているところだけでの判断になるのですがあまり良くないように思います。

 介護施設や病院に赴くことが多いのですが、外国人労働者を見る機会が確実に増えてきています。少し話が遠回りになりますし極端な内容になりますが、まず今の介護現場は人手不足です。簡単な話、低賃金だからです。なぜ低賃金なのかというと条件付けされた税金の運用により成り立ち給料が支払われているので、極端に稼ぐことができないシステムです。当然、労働の負荷に対して報酬のバランスが悪く魅力のある働く環境ではないと思うのです。今の状態では利用者にとっても働く側にとっても快適な環境を作ることは絶対に無理なわけでして、それに対し行政が子供騙しに、外国人労働者を安く雇用し人員の補填することで改善しようとしていることが全くデタラメだと思います。そもそも外国人労働者は低賃金で働かされ、税金は取られ、挙句永住権も保証されかねないわけで、それはまるで奴隷のような扱いではないかと思います。 

 介護の現場を人的補充で解決できると思っていることが大きな間違いではないのかと思っています。人の数だけで対応するには効率が悪すぎることが多すぎるのが現状ですので、ますます増え続ける要介護者問題を根本から考え方を変えて再構築していかないと、介護従事者がただただ辛抱するだけの環境の構図を変えることができないと思います。

 早急に人的コストが必要な事と、A.Iでの置き換え可能な事に分類して、人間は人間にしかできない仕事だけに専念し精度を上げていくべきだと思います。そうする事で無駄な労働で疲弊することが格段に減ると思います。

でも現実は働き手にとって、このままズルズルとキツイ業界としてあり続けるのだろうと想像できます。

極論ではありますが、一切働く人がいなくなれば流石に行政も本気で取り組まなければならいと危機感を持つので、他のブラックな低賃金業界全て含めて、一度働く人が離れていけばいいのにと思います。働き手がいなくならない限り、人は利用され続け搾取され続ける図式に変化は起きないし、ただただ文句を言うだけの人生になるのではないのかな。根底から改革するには一度リセットしないといけないのが現状ではないでしょうか。

流石にかなり強引な話なので、現実的には到底無理な話なのですが、それくらい打つ手なし、な状態ではないでしょうかね。

話戻りますが、そもそも日本は単一民族で保守的な国で、ヨーロッパなどのように流動的に民族が入り混じる環境になれていないわけですし、さらに日本人に対しての環境整備がグダグダであるので、意味不明な移民政策などで茶を濁すくらいならもう少しちゃんと日本自体を、これからの日本人にとって最適な形にアップデートするのが先ではないですかね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

line@ お友達申請お願いします。

i.hairのlineです。お友達登録お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

i.hairのサービスをご希望の方へ

出張、訪問での美容をご希望の個人または施設の方、ご相談の上ご希望にお答えいたしますのでまずはお問い合わせくださいませ。

未分類
スポンサーリンク
i.hair Kobeをフォローする
i.hair blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました