増えてるなぁ。

未分類

近年、至る所に色々なタイプの老人施設が建っています。高齢化が進む社会なので需要は増え続けるので、乱立状態になりつつある現実でも成り立つものだと考えてしまうものです。

 でも、現実は毎年100件以上の施設が倒産しているわけです。そして中には、施設が完成したにも関わらず入居者が入らなかったり、職員の確保ができずに開店休業状態の施設も多いのです。実際に色々な施設へ訪問させていただいた際に、施設の受け入れ許容人数に対し明らかに利用者数が定員割れをしているところも結構あったりします。

 ニーズは多く、特養などでは入居待ちが少し緩和されたと言われていますが未だに長期間待たなければいけない場合が多いですのにね。

 余談ですが

普通の賃貸マンションを作るよりも、サービス付き高齢者マンションにしてしまえば、補助金でるしお得じゃん

と安易に考え、土地オーナーが経営などを丸投げして、自らは家賃収入でウハウハ!てなお気楽思考で参入するケースも意外と多いらしく、経営側は現実の業務でかなり深刻な問題を抱えることが多く、開業10年までに半数が倒産するのが現実らしいです。

 それと実際、現場でも職員さんがよく変わるのを感じます。そして何より人員不足を痛感します。今の決められたシステムを履行していこうと思えば、この人数体制では明らかに痒いところに手が届かないのが明白です。 現場の職員さんたちは、すごく献身的に少しでも良いパフォーマンスをしようとしている人が多いのですが、制度にがんじがらめで業務に追われ、挙句どんどん疲弊して辞めていくという負のループが繰り返されていくわけですね。

 
 僕の田舎の人達の多くは依存ではなく互助的思考が強く、極力自立した生活をした中で互いに助け合う形がうまく機能しているように感じるのです。
まず自助があり、そして互いに助け合う互助、個人規模で補えないことを行政の制度による共助公助という基本的なことを今一度浸透させていかないといけないように思います。なんでも丸投げで自分の人生を人任せにするのはよくないですね。
 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

line@ お友達申請お願いします。

i.hairのlineです。お友達登録お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

i.hairのサービスをご希望の方へ

出張、訪問での美容をご希望の個人または施設の方、ご相談の上ご希望にお答えいたしますのでまずはお問い合わせくださいませ。

未分類
スポンサーリンク
i.hair Kobeをフォローする
i.hair blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました